あわよくば
人生すべて運まかせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | |
2005-09-13 Tue.
ANANOVA】ドイツのテレビで放送されている犯罪解決番組『File Number XY - Unsolved』という番組の司会者が実は元は闇市場で取引をしていた犯罪者であることが本人から告白されました。彼は新聞の取材に『自分を偽っていた』と話しています。

告白したのはエドワルド・ツィマーマンさん76歳。彼は市民の協力を得て未解決の事件を解決しようと言う番組の司会者でした。彼の告白によると彼は第二次世界大戦のあと、スウェーデンにニセのパスポートを使って土木作業員として避難するまで闇市場で盗んだタバコなどと売ったりしていました。

その後彼はスパイなどの容疑で25年の刑務所暮らしを命じられますが、4年後に行われた4巨頭首脳会談の決定に従って出所することが出来ました。しかしそれから新しい人生を送るのは並大抵ではなかった、と話しています。また『一度レールから外れても、本当に戻りたいと思えば戻ることはできるんだ』と話しています。

管理人:で、結局番組の司会はそのまま続けてるのかな?
スポンサーサイト
egg朝はパン派?それともご飯派?僕はご飯派だよ。なぜかって?決まってるじゃないか。パン派のあなたならきっと分かると思うけど、やさしいお母さんがパンだけじゃなくってこれも一緒に用意してくれることってあるでしょ。こんな光景僕には毎朝なんてとても耐えられないよ。

分かってくれるかな?この時の僕の気持ち。生まれて早々こんな切ない気持ちになるなんて思ってもみなかったよ。こんなことにならなけりゃ、今頃あいつは何やってたんだろうなって感慨にふけっちゃうわけよ。

でもね、やっぱり出されたからには食うけどね。無精卵とか細かい突っ込みはなしでね。
AP】インドのニューデリーでネズミを捕獲する事を専門とした市の職員が、この十年間で一匹もネズミを取れていない、として問題になっています。そもそもネズミを捕獲する専門の職員を雇うようになったのは94年にネズミを媒体とする伝染病が流行ったためで、ネズミを一掃しようと市が97人の専門の職員を月3500ルピー(約8千円)で雇いました。

しかし10年たってもこの職員たちは一匹たりともネズミを捕獲していない、と地元の新聞は伝えています。ニューデリーではネズミは珍しいことではなく、あちこちで見られるのにまったく捕らえることができないようで、住民は市は頼りにならないとして自分たちで罠を仕掛けたりして捕まえています。

新聞の取材に対して、市では『彼らはちゃんと働いているし、ネズミの苦情が出れば罠を仕掛けるなどして捕まえている、それは市の施設でもそうだ』と話していますが、ではどこに罠を仕掛けたのか、と聞かれると『思い出せない』と話しています。

管理人:どこの国でも役に立たない公務員は非難の対象のようですね。
頭髪に寄生するアタマジラミなどのシラミを取り除く方法として、薬剤以上に丁寧にクシでとかすのが効果的だと英国の研究者が明らかにした。
日経ヘルス】シラミなんかいないから大丈夫、なんて油断しているそこのあなた、本当に大丈夫ですか?頭をかいたら落ちたフケが動いていた、なんてことはありませんか?でも大丈夫、そんなシラミも丁寧なブラッシングで除去できる、ということが報告されました。

管理人:シラミといえば坊主頭にDDTをぶっかけてるシーンが有名ですが今時の人はあまり知らないんだろうなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。