あわよくば
人生すべて運まかせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | |
2005-09-21 Wed.
NEWS.com】インドのオリッサ州にある村の男性がベランダに鎖で2年もの間にわたって拘束されている、と伝えられました。鎖でつながれているのはウペンドラ・ナイクさん32歳。彼は村の寺院から三叉の道具を盗んだとして、村人から精神が狂っているとして鎖でベランダにつながれてしまったのです。

彼は自分は正常だと主張していますし、当局も病院にでも連れて行こうとしているのですが、インドの昔ながらの村では掟を厳しく守る風習が残っているのでなかなか手を出せません。彼の妻も彼を自由にすることはできず今は実家で暮らしており、彼の父親が食事などを運んでいるそうです。それでも雨が降るとそのたびにずぶ濡れになるそうです。

問題はナイクさんがカースト制度で『ダリタ』と呼ばれる最下層の身分である、ということです。現在でも根強く身分制度が残っている所があり、特に下層の身分の人たちが差別的な扱いを受けているということです。

管理人:こういうのって宗教に関心の薄い日本人には信じられない。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。