あわよくば
人生すべて運まかせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | |
2005-09-13 Tue.
AP】インドのニューデリーでネズミを捕獲する事を専門とした市の職員が、この十年間で一匹もネズミを取れていない、として問題になっています。そもそもネズミを捕獲する専門の職員を雇うようになったのは94年にネズミを媒体とする伝染病が流行ったためで、ネズミを一掃しようと市が97人の専門の職員を月3500ルピー(約8千円)で雇いました。

しかし10年たってもこの職員たちは一匹たりともネズミを捕獲していない、と地元の新聞は伝えています。ニューデリーではネズミは珍しいことではなく、あちこちで見られるのにまったく捕らえることができないようで、住民は市は頼りにならないとして自分たちで罠を仕掛けたりして捕まえています。

新聞の取材に対して、市では『彼らはちゃんと働いているし、ネズミの苦情が出れば罠を仕掛けるなどして捕まえている、それは市の施設でもそうだ』と話していますが、ではどこに罠を仕掛けたのか、と聞かれると『思い出せない』と話しています。

管理人:どこの国でも役に立たない公務員は非難の対象のようですね。
スポンサーサイト
コメント
解決は簡単だ
中国人を何人か連れて行けば、勝手に捕まえて喰ってしまう。中国の街中でシシカバブとして売られているものにもネズミやネコやイヌの肉が混ざっているぞ。
2005/09/13(火)14:12:27| URL | 楼主 #-[ 編集]

確かに
>楼主さま
コメントどうもです。

つい先日もトラの肉といってロバの肉売って逮捕されてましたね。何でもありですからね。
2005/09/13(火)18:52:08| URL | 霜月 #-[ 編集]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。